「クリルオイル」が体に吸収されやすい理由ーオキアミ由来の新型オメガ3「クリルオイル」

クリルオイルは、海にすむ動物性プランクトンのオキアミから抽出される油のことです。
魚油よりもクリルオイルのほうが高い健康効果が期待できます。

 

アル
関連記事はこちら
関連記事

「オメガ3」という言葉を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。なにやら体にいいものらしい… でも、オメガ3がどんなものに含まれているかをご存じの方はそんなに多くないようです。なにやら魚に含まれているらしい…EPAとかDHAとか[…]

フィッシュオイルを超えるクリルオイルの特徴

クリルオイルがオメガ3(DHA・EPA)の補給源として最適な理由

①クリルオイルは世界で最も安全なオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)が豊富に含まれている。

➡②クリルオイルのオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)にリン脂質が結合している。
リン脂質型は水に溶けやすいため体内に吸収されやすい。

③クリルオイルは、強い抗酸化力をもつアスタキサンチンが含まれています。

今回は②番の説明です。

「クリルオイル」が体に吸収されやすい理由

トリグリセリド結合型オメガ3は吸収されにくい

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の多くは、中性脂肪(トリグリセリド)と結合した状態で抽出しています。
これは酸化しやすく、水に溶けにくい油のため体に吸収されにくいのが難点です。
フィッシュオイル=DHA+EPA+トリグリセリド
フィッシュオイルを摂取した場合、消化管の中で胆汁酸やリパーゼ(脂肪分解酵素)の働きで、DHA、EPA、トリグリセリドがそれぞれ分解され、そのあと吸収されるというメカニズムです。

おすすめは、高吸収率のリン脂質結合型オメガ3!

南極オキアミのオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)は、大部分が複合脂質のリン脂質と結合した状態で存在しています。
リン脂質は一般的にはレシチンとも呼ばれています。
リン脂質は、あらゆる細胞の膜を形つくる成分で、水と油の両方をなじませる性質があります。
また、タンパク質と結びついて血液中を移動します。
クリルオイル=DHA+EPA+リン脂質
これが水に溶けやすく体に吸収されやすい理由です。

このようにクリルオイルは、フィッシュオイルに比べて効率よく体内に吸収され、また保持されます。

フィッシュオイルのオメガ3(DHA・EPA)と、リン脂質(レシチン)をそれぞれ単独で摂取しても、クリルオイルと同じ吸収力は得られません。
クリルオイルは、DHA・EPAとリン脂質が化学的に結合しているため、吸収率が良くなるのです。

高品質のオメガ3(DHA・EPA)は、南極オキアミをから摂れるクリルオイルです。

アル
おすすめのクリルオイルはこちら
Japan Supplements【ジャパンサプリメント】|公式商品紹介サイト

南極オキアミからとれるオキアミ油には、一般的にオメガ3として広まっているサケやイワシの魚油とは異なったリン脂質型のオメガ…

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 


 

最新情報をチェックしよう!