「もやし」の栄養と健康効果-見た目以上の栄養価!

もやしは、90%以上が水分でカロリーが低いのが特徴ですが、まざまな栄養素を豊富に含んだヘルシーな食品です。
もやしは植物名ではなく、「豆類や麦類などの植物の種子を水分と適温を与え暗所で人工的に発芽させたもの」全体をさします。

もやしは年間を通じて水耕栽培されていますので、一年を通して食べられるのが特徴です。

もやしの歴史は古く、日本では10世紀頃、平安時代に書かれた、日本で最も古い薬草の本にもやしのことが記されています。
原産地や日本への伝播の経路などについては、はっきりとしていません。
もやしが一般人に食べられるようになったのは、 明治時代の頃からです。

もやしの栄養

豆によって栄養価は違います。
種に蓄えられたデンプンやタンパク質などの栄養素が、新陳代謝をする過程で新しい栄養素が合成されていきます。
もやしは、豆の種子を発芽、成長させたものが代表的で、いずれも食物繊維やタンパク質、カリウム、ビタミンC、葉酸などが豊富に含まれています。

国内のもやしは、「大豆もやし」「緑豆もやし」「ブラックマッペ」の3種類がメインで流通しています。
現在、国内で生産される約7割が「緑豆もやし」で、軸が太く水分が豊富で美味しいのが特徴です。原料である豆の原産地はほとんどが中国です。

各もやしの特徴

種類に関係なくタンパク質、食物繊維、カルシウム、ビタミンC、ビタミンB1、アスパラギン酸を含んでいますが、豆の種類により、栄養素の量が異なります。

緑豆もやし

茎がしっかりしていて長くて太く、光沢のある白色で、甘味があります。

栄養成分は「葉酸」「ビタミンC」などが多く含まれています。

大豆もやし

太くて長く、シャキシャキとした歯ごたえが特徴で旨味が強い品種です。
熱を加えて調理するのに向いています。

栄養成分は「ビタミンK」「葉酸」が多く含まれています。

ブラックマッペ

ブラックマッペは、黒い豆を発芽させて作るもやしです。
黒い種皮をかぶっているのが特徴で、「黒豆もやし」とも呼ばれています。

しっかりした細い茎で、シャキシャキとした歯ごたえがあり、豆の甘みが感じられるのが特徴です。

栄養成分は「葉酸」「ビタミンC」などが多く含まれています。

もやしの栄養素を効果的に摂るポイント

 

 

編集長の独り言

私もやし大好きです。炒めてもナムルでも味噌汁でも。たっぷりの餡とひき肉ともやしで作った「もやしそば」最高ですよ!

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!