「疲れ」なかなか取れない人は現代型の栄養失調かも?

「睡眠に問題はない」「健康に気をつけている」「食事はバランスよく食べているつもり」・・・しかし、「いまいち元気が出ない」「疲れやすいし」「頭がボーっとする」「老けてきた」なんてことありませんか?
そんな「何となくな不調」をどうすればよいのか分からない状態ではないでしょうか?

その一方で、日々エネルギーにあふれ、行動力がありイキイキしている人がいます。そのような人たちと「何となく不調」な人たち、いったい何が違うのでしょうか?

それは、食事です!

食事に対する意識が違います。

疲れの原因は現代型の栄養失調

まずは、食事はお腹を満たすものという考え方を捨てましょう。
コンビニなどで手軽に購入できる加工品やジャンクフードは、満足感は得られますが、体が必要とする栄養素は不足します。
しかも、不必要な栄養素が過剰になります。
これが現代型の栄養失調です。

簡便性の高いコンビニの加工品は、添加物が多く含まれている反面、ビタミンやミネラルは少ないのが多く見受けられます。
これに、パンやお菓子、ジュースなどで糖質の摂り過ぎも加わり栄養の偏りが強くなります。

慢性的なビタミン・ミネラル不足が続くと

人間の体に必要な栄養素は、糖質、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルです。
このなかの糖質、脂質、タンパク質を有効に利用するためには、ビタミンとミネラルが必要になります。
慢性的にビタミン・ミネラル不足が続くと、体内にさまざまな不調が現れます。
□食物が体内で消化・吸収されにくく、活動のエネルギーが不足する。
□体の構成成分が不足する。
ビタミンとミネラルはほとんど体内で合成できないので、毎日の食事から摂取することが大切になります。

糖質の摂りすぎは注意

糖質が吸収されると血糖値が上がります。
一度に大量の糖質を摂ると、30分ぐらいの短い時間で血糖値が急上昇します。
急上昇した血糖値を下げようと膵臓は慌てて大量のインスリンを分泌します。
これにより血糖値が急降下します。
この血糖値が乱高下する症状を「血糖値スパイク」といいます。
この血糖値が急降下するときに、疲れを感じやすくなるのです。
つまり「血糖値スパイク」を繰り返すと疲れやイライラが溜まり、だるさや眠気など日常のパフォーマンスが大きく下がるだけでなく、肥満にもつながります。

簡便性の高い加工食品やジャンクフードを続けると

このように、利便性や簡便性を優先した加工食品やジャンクフードは、忙しい人達にとっては手軽さというメリットがありますが、健康面では大きなデメリットにつながります。
簡便性の高い加工食品やジャンクフードを長く食べる生活が続くと、疲れ体質が定着しやすくなります。
一時的に健康的な食事に切り換えたとしても、急に改善するのは難しいことは証明されています。
とくにジャンクフードは、手軽で安価なため世界中で多くの人が利用しています。
しかもジャンクフードを食べると、さらにジャンクフードを食べたくなるという「悪循環」にハマってしまいます。

ジャンクフードとは国により解釈が違いますが、一般的にはカロリーが高く、多くの塩分を含み、体に必要な栄養素がほとんど含まれない食べ物のことを示すことが多いものです。
代表的なものは スナック菓子やハンバーガー、ホットドッグ、 炭酸飲料などです。

加工食品は、インスタント食品やレトルト食品、冷凍食品、チルドの総菜、スナック菓子など、工業製品化されたものを指します。

現代型栄養失調のチェック事項

「現代型栄養失調」の予備軍は大勢います。
多く当てはまった人は、現代型栄養失調に陥っている可能性があります。

□お昼はコンビニのおにぎりや麺類、インスタント食品だけで済ませることが多い
□加工品を買う時に、栄養成分の表示には無関心
□お菓子や菓子パンを食事代わりにすることがある
□発酵食品をあまり食べない
□ストレス解消にはスイーツ
□ご飯や麺、パンが大好き
□清涼飲料水を飲むことが多い
□毎日お菓子を食べる
□揚げ物をよく食べる
□お通じが不規則
□気持ちが落ち込みやすかったり、イライラ、そわそわしてしまう
□疲れが常に抜けなく元気がない
□頭がすっきりしなく、ボーっとすることがある
□食後に眠くなることが多い
□熟睡できない

4個以上は注意です。
8個以上は生活習慣を見直す必要があります。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!