旬の野菜や果物でビタミン・ミネラル不足を解消しよう!

一般的な健康診断ではビタミン・ミネラルの摂取不足はわかりません。
血液検査でもビタミン・ミネラルの摂取量を調べることはありません。
現在の健康診断は、病気を発見するためのもので、健康維持のためではありません。
一般的な健康診断は、慢性的な栄養不足でも、病気にならなければ問題にならない仕組みになっています。

ビタミン・ミネラルを摂取するには

ビタミンやミネラルは、生きていくのに必要な栄養素です。
しかし、体の中でつくることがでないので、食事などを通じて、毎日摂取しなければなりません。
ビタミン・ミネラルの種類は非常に多く、その働きもさまざまなので毎日の食生活を見直すことが重要です。

野菜も果物も!

ビタミン・ミネラルをたっぷり摂るには、野菜や果物の食べる種類を増やすことです。
そこで重要なポイントことがあります。
そのポイントは旬の野菜や果物を選ぶことです。
旬の野菜や果物は、時季外れのものよりもビタミンやミネラルが多く栄養価が高いのが特徴です。また、味も良いのでオススメです。

冬が旬の野菜ベスト3

これからの12月~2月に旬を迎える冬野菜は、白菜やほうれん草、ねぎ、ダイコン、にんじんといった葉野菜や根菜類です。
冬野菜は、ビタミンE、ビタミンAやビタミンCが豊富な野菜が多いのが特徴です。
ビタミンEは抗酸化作用や血行促進作用、ビタミンAやビタミンCは免疫力をアップなど、これからの寒い季節には欠かせない栄養素です。
また、旬の冬野菜は甘味を増し美味しくいただけます。

ほうれん草

緑黄色野菜でβ-カロテン、ビタミンB群、ビタミンC、鉄、カルシウムなどの栄養素が豊富です。

長ねぎ

長ねぎは、白い部分と緑の部分で含まれる栄養素が違い、さまざまな栄養を一度に摂ることができます。

白い部分の栄養

白い部分はネギオール、ビタミンC、アリシンが多く含まれています。
ネギオールはネギの独自の成分で、風邪菌にも有効な強い殺菌効果、解熱作用を持っています。

青い部分の栄養

青い部分はβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンB2、ナイアシン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分などの多彩なビタミン・ミネラルが含まれています。
体調を整え、高血圧の予防につながります。

白菜

白菜はビタミンCや消化を良くしてくれる「イソチオシアネート」、腎臓の老廃物の排泄を促してくれる「カリウム」を含みます。

冬が旬の果物ベスト3

冬の果物にはさまざまな栄養素がギュッと詰まっています。
体を整え、風邪予防の強い味方になってくれるものが多いのが特徴です。

いちご

いちごはビタミンCが豊富です。風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。
そして、赤い色素成分であるアントシアニンはポリフェノールの一種で、活性酸素を減らしたり、眼精疲労回復や視力回復に有効とさています。

りんご

りんごには、高血圧など生活習慣病の予防に効果がある「食物繊維」や「カリウム」が多く含まれます。
クエン酸、リンゴ酸といった有機酸も多く含み、胃腸の働きを良くし、殺菌作用などの効果があります。
皮にはベクチンが多く含まれており、整腸作用を促しコレストロールを排出する作用があります。
りんごのポリフェノールにはコレステロールを取り除いたり、活性酸素を抑える働きがあります。

みかん

みかんが持つ栄養素の代表格はビタミンCです。
また、酸味のもとである「クエン酸」も、1日の必要量がみかん1個に含まれています。
みかんのオレンジ色の素となっているのがカロテノイドです。これは体内でビタミンAに変わります。
みかんの果肉が包まれている薄皮には、食物繊維の一種であるペクチンが豊富です。
他には、ビタミンB1、ビタミンEなどの栄養が含まれています。

サプリメントも便利

どうしても食事だけでは十分に摂取することが困難な人や、日々不安を抱えている人には、積極的にサプリメントで補給することをオススメします。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!