「納豆」の栄養と健康効果-毎日食べて感染症や生活習慣病の予防を!

「納豆」は、日本の代表的な食品です。
納豆は、たんぱく質やカルシウム、ビタミンや鉄分など、いろいろな栄養素がバランスよくたっぷり含まれています。
その納豆は、さまざまな健康効果を持っています。

感染症予防

納豆菌は胃液では死にません。
納豆菌は、生きたまま腸内に届きます。
それにより、腸内環境を整えてくれる効果が強く、また一部の納豆菌が腸内で発酵し、善玉菌が繁殖しやすい環境を作ります。
それに加え、他の菌よりも分裂が早く繁殖力も強力なため、健康効果は高くなります。
この生命力と繁殖力の強い納豆菌を体内に摂り込むと、体内の病原菌の繁殖を抑える効果があります。
この悪玉腸内細菌の増殖を抑え腸内環境を整える作用は、免疫力をアップさせてくれます。
インフルエンザやノロウイルスや風邪の予防効果も期待できるといわれています。
最新の研究では、ウイルス感染後にも体内での抗体生産量を高める効果が確認されています。

便秘対策

納豆は、水溶性と不溶性の2種類の食物繊維がたっぷり含まれています。
水溶性食物繊維は、胃や腸をゆっくり移動することで、腸内に溜まった不要なものを包み込んで排出してくれるという役割があります。吸着性があり、小腸でコレステロールや胆汁酸を吸着させて排出してくれます。大腸内の細菌によって発酵・分解されて善玉菌のエサとなります。
不溶性食物繊維は、水に溶けず胃や腸で水分を吸収します。食感はザラザラ・ボツボツするものが多いのが特徴です。胃や腸で水分を吸収して大きく膨らむことで腸を刺激し、ぜんどう運動を活発にする役割があります。腸内の細菌によって発酵・分解されて善玉菌のエサとなります。
アル
食物繊維に関する詳しい記事はこちら

骨を丈夫に

納豆は大豆からつくられ、カルシウムを多く含む食材です。
カルシウムは骨づくりに必要で、また筋肉や神経が正常に機能するためにも必要なミネラルです。
さらに納豆菌が、腸内でビタミンKを産生をします。
ビタミンKは骨の代謝にも関係し、骨にあるたんぱく質を活性化したり、骨の形成をうながしたりするので、骨粗鬆症の予防に効果があるこがわかっています。

血液の健康維持

納豆のネバネバ部分に含まれているナットウキナーゼは、血管の壁にできる血栓が作られるのを予防し、血液の流れをサラサラにする働きがあります。
ナットウキナーゼは納豆菌が作り出す酵素で、消化管から血液に摂り込まれます。
この作用により、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果もあり、糖尿病など生活習慣病の予防・改善効果が期待できます。

貧血対策

納豆には、赤血球の生成に必要な鉄分や葉酸が豊富に含まれています。

アンチエイジング|注目の成分スペルミジン

スペルミジンとはポリアミンと呼ばれるタンパク質の1つで、納豆などに多く含まれています。
ポリアミンの働きはアンチエイジングに有効です。

□細胞代謝を活性化させ、細胞分裂を正常に保つのに重要な成分
□体内の炎症や血管内の炎症を抑え、動脈硬化を予防

ダイエット

納豆の植物性のタンパク質が非常に多く含まれています。
植物性のタンパク質は脂質をほとんど含まないため、筋トレやダイエット中の方、アスリートにおすすめの栄養素です。
この良質なタンパク質には、筋肉や髪、皮膚、爪を健康に保つ効果があります。

記憶力の向上

納豆にはレシチンが含まれています。
レシチンとはリン脂質の一種でリン酸と脂質が結合してできた栄養成分で、神経伝達物質の生成を促し、記憶力の向上や認知症の予防に効果が期待されます。

このように、納豆はどの世代の人にも適した食材です。
毎日、1パックを食べる習慣をつけることは健康維持に役立ちます。

 

編集長の独り言

ウチの次男は偏食で困っています。でも毎朝の納豆と大麦若葉のグリーンスムージーだけは欠かさず摂っています。

 

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!