「ほうれん草」の栄養と健康効果-野菜の中でトップクラスの栄養価を持つ!

ほうれん草の栄養価が高いのは有名です。
とくに、鉄分が多く、その鉄分の吸収を促すビタミンCも豊富に含まれています。
その他にも、良質な食物繊維やカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、、葉酸も豊富です。
ほうれん草はビタミン類、ミネラルなどどれをとっても栄養価が高い優秀な緑黄色野菜です。

貧血予防

ほうれん草と言えば鉄分です。赤血球の生成に必要な鉄分や葉酸が豊富に含まれ、貧血予防に役立ちます。
納豆と同じく、ほうれん草も鉄分と葉酸を同時に摂取できるのが特徴です。

抗酸化作用や 皮膚や髪の健康維持

β-カロテンは、緑黄色野菜などに多く含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化力を持つ栄養素です。
体内でビタミンAに変換されて作用し、皮膚や粘膜の状態を正常に保ち、、髪の健康維持や視力維持に重要な役割をします。
また、美肌に必要なビタミンCやEも含むため、肌をきれいに保つ効能が期待されています。

むくみの改善、高血圧の予防

カリウムは、過剰に摂取したナトリウムを体外に排出する効能があります。体内のナトリウム量を調節して、高血圧やむくみの予防などにも役立ちます。

血行促進効果

ほうれん草にはビタミンEも含まれています。
ビタミンEの抗酸化作用で血管の酸化を防ぎ、血行を良くします。
さらに、ほうれん草に含まれるビタミンCやβ-カロテンなどの抗酸化成分と一緒に摂ると、より効能がアップします。

骨の形成

ほうれん草には、ビタミンKが多めに含まれています。
ビタミンKは骨の代謝にも関係し、骨にあるたんぱく質を活性化したり、骨の形成をうながしたりするので、骨粗鬆症の予防に効果がある事がわかっています。
赤い根の部分にはマンガンが含まれていて、カルシウムやマグネシウムと一緒に骨の形成に役立ちます。

生活習慣病の予防

ほうれん草は抗酸化作用のあるビタミンCを豊富に含んでいます。
健康効果が高いビタミンCは、病気予防や老化予防、アレルギー対策、美容など様々な医学的効果が報告されている大切な栄養素です。
①抗ガン作用への期待
②免疫増強効果(風邪の治療・予防)
③美容効果(美白)
④骨折・骨粗しょう症対策
⑤ストレス抑制効果と自律神経安定効果
⑥アレルギー軽減効果
このようにさまざまな健康効果が期待できます。

食べる際の注意

ほうれん草を生で食べる際は注意が必要です。
ほうれん草のアクの正体はシュウ酸という物質で、結石の原因になるといわれています。
そのため下茹ですることをすることをおすすめします。
下茹でシュウ酸を少なくします。
また、カルシウムを含む食品を十分とることで腸内のシュウ酸とカルシウムが結合して、便と一緒にシュウ酸を体外に排出する働きをします。

ほうれん草は弱い野菜です。
もともと害虫に弱く、土壌環境にも影響されやすいので、農薬や化学肥料を使い栽培します。
過去、輸入ほうれん草から殺虫剤が検出されたり、缶詰や冷凍のほうれん草からも農薬が見つかったこともあります。
近年、国内生産の農薬の基準は高く信用できますが、しっかりとした水洗いはしたほうがよいでしょう。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!