「セロリの葉」の栄養と健康効果-セロリの葉には栄養がいっぱい!食べなきゃ損です!

セロリは、茎の食感や香りを楽しんで葉っぱの部分は余りがちな野菜です。
セロリの茎にはβ-カロテン(ビタミンA)、ビタミンC、食物繊維、カリウムなどが含まれていますが、目立った栄養素はありません。
しかし、捨ててしまうセロリの葉の方が、栄養が豊富に含まれているんです。

セロリの葉の栄養

セロりの葉は、茎の2倍のβ-カロテン(ビタミンA)と、血流を活性化するピラジンが含まれています。
その他には、ビタミンC・B群・E・K・U、食物繊維やカリウムなどが含まれています。

そして、せロリ独特の香りにはリラックス効果があります。
この香りの成分は、ポリフェノールの一種でアピインという成分からきています。
この成分は、精神を静めてリラックスさせる沈静効果があり、ストレスを緩和したり、緊張や不安感・イライラを和らげる効果が期待できます。

□カリウムは、ナトリウムを排泄を促し、血管の伸縮を防いで、血圧を安定させる働きます。
□β-カロテンは、体の皮膚や粘膜を保護したり、眼の機能を正常に保つ働きます。
□ビタミンUは、胃酸の分泌を抑えたり、胃腸の粘膜を修復するなどの働きます。
□ビタミンKは、血液凝固の因子を活性化し、骨が形成される際に必要なタンパク質を活性化する働きます。
□ビタミンCは、病気予防や老化予防、アレルギー対策、コラーゲン生成を助けます。
□ビタミンEは、老化の原因にもなる活性酸素により体内の錆びを防止してくれます。
□食物繊維は、腸内環境を整えてくれます。

このようにセロリの葉は栄養成分がいっぱいの野菜です。
特に老化を防ぐβ カロチンや、血流を活性化するピラジンが茎の2倍含まれているのは魅力的です。

セロリの葉も工夫して美味しく食べる

セロリの葉は香りが強く、太い葉脈が通っていてかたいため生では食べにくいのですが、工夫をすれば美味しく食べられます。
オリーブオイルでベーコンや玉ねぎ、人参などの具だくさんコンソメスープや、油揚げの味噌汁などに加える具材
ごまマヨサラダやグリーン卵サラダ、アボカドの柚子胡椒サラダの具材
桜えびと炒めたりやじゃこときんぴらにしたり和の具材
ベーコンと炒めたり、豚肉とトマトと炒めたり、おかずの一品としての具材
などなど使い方はいっぱいあります。

最新情報をチェックしよう!