「ビタミンACE(エース)」-抗酸化作用のあるビタミンでアンチエイジング

私たちが生きていく上で酸素の利用は欠かせません。
呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部(2%)は、糖質、脂質、タンパク質がエネルギーを作る過程で使われ、酸化力の強い活性酸素となります。
活性酸素は、体内の代謝過程でいたずらをして体をサビつかせ(酸化)細胞を傷つけ老化を進行させます。

私たちには抗酸化能力があります。

私たちの体内には、活性酸素から自己防御する抗酸化防御機構が備わっています。
この抗酸化防御機構は、活性酸素の産生を抑制したり、細胞の修復・再生を促す働きをします。
しかし、活性酸素の産生が過剰になり、抗酸化防御機構のバランスが崩れると、ダメージが蓄積し体がサビつく酸化ストレスを起こします。
バランスを崩す要因は、紫外線、放射線、大気汚染、たばこ、薬剤、酸化された物質の摂取、過度な運動、ストレスなどです。

活性酸素が引き起こすもの

悪玉コレステロール(LDL)を酸化させて酸化悪玉コレステロール(LDL)になり、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因になります。
また最近の研究により、病気の要因になっている唯一共通するものが、活性酸素が多く発生しているということです。
がん、糖尿病、パーキンソン病、アトピー性皮膚炎、胃・十二指腸潰瘍、白内障など、ありとあらゆる病気に活性酸素が関与しているといわれています。

抗酸化防御機構を補うビタミン

健康維持・老化防止には、抗酸化栄養素を強化補充することが重要になります。

活性酸素の働きを抑える抗酸化作用のある栄養成分

ビタミンC・E
カロチノイド類【β‐カロテン(ビタミンA)、リコペン、アスタキサンチンなど】
ポリフェノールにおけるフラボノイド類【ケルセチン、ケンフェロール、カテキン、イソフラボンなど】

このなかで代表的な栄養成分であるビタミンはA、C、Eです。

通称ビタミンACE(エース)

ビタミンA・C・E(エース)は、食事の中で意識して摂りたい栄養素です。

ビタミンエースの代表的食材は?

ビタミンA(β‐カロテン)

細菌やウイルスが侵入してくる喉や鼻などの粘膜や皮膚を丈夫にする

食材:レバー、うなぎ、すじこ、のり、鶏卵、バター、緑黄色野菜(人参・小松菜・春菊・かぼちゃ・大葉・ほうれん草など)

ビタミンC

皮膚や血管や筋肉を丈夫にし、コラーゲンを生成する。病気などのストレスへの抵抗力を強めるなど

食材:キウイ、パイン、オレンジ、いちご、かぼちゃ、ピーマン、カリフラワー、ブロッコリー

ビタミンE

細胞膜を酸化から守り、白血球やリンパ球の働きをサポートし免疫力を高める

食材:落花生、枝豆、いくら、大根、唐辛子、抹茶、かぼちゃ、モロヘイヤ、赤ピーマン、胡麻

ビタミンACE(エース)の揃った優秀野菜

ビタミンA・C・Eの揃った野菜は、かぼちゃ・ピーマン・パプリカ・ブロッコリーです。

ビタミンACEを効率よく摂る料理のコツは

ビタミンは、一緒に摂ることでお互いの効果が高まります。

ビタミンA、C、Eを豊富に含む野菜やナッツ、アマニなどを組み合わせたサラダや、みそ汁、スープ、具材たっぷりのカレーが効率的よく摂れる料理と言えます。

脂溶性ビタミンであるビタミンAとEは「油に溶ける」性質があるので、AとEを含む食材を油で下ごしらえすると体内への吸収もよくなります。
また、乳製品の脂質と結合しやすいのでヨーグルトや牛乳、チーズなどと組み合わせると、効率よく摂取できます。

ビタミンCは水溶性で水に溶け出すため、汁物やスープ、カレーであれば効率よく摂取できます。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


最新情報をチェックしよう!