「水菜」の栄養と健康効果-水菜ポリフェノールは女性の強い味方

水菜は京野菜の一つで、江戸時代前期にはすでに京都で栽培されていました。
シャキッとハリのある食感とみずみずしさが人気で、鍋物や煮物、サラダなど様々な料理に活用できます。

水菜は緑黄色野菜の一つで、体に良い栄養がたくさん含まれています。
今回は、そんな水菜の栄養素や効能、保存方法について解説します。

注目の栄養成分の水菜ポリフェノール

複合ポリフェノールである水菜ポリフェノールは女性の強い味方です。
水菜ポリフェノールは皮膚の細胞に直接届いて、ダメージを受けた細胞を修復する働きがあります。
このポリフェノールは、とくに代謝が衰えてくる30代以降の肌に対して力を発揮してくれます。

水菜ポリフェノールは脂溶性なので、油料理と一緒に食べると吸収がよくなります。

その他の栄養成分

水菜には、ビタミンやミネラルがバランスよく含まれていて、緑黄色野菜ならではの高い栄養価が特徴です。

・β-カロテン
β-カロテンは肌の新陳代謝を促進し、肌の乾燥を抑えてくれる効果が期待できます。

・ビタミンC
ビタミンCは、肌のハリや弾力を保つコラーゲンを合成したり鉄分の吸収を助けて貧血を予防してくれます。

ビタミンCは熱で壊れやすい性質があるのですが、水菜は生食が出来るため、ビタミンCを摂取するにはうってつけの野菜です。

・ミネラル類
水菜には鉄分、葉酸、カリウム、カルシウム、マグネシウムが含まれています。
ミネラル類は、体の臓器や組織のいろいろな反応を円滑に働かせるために必要なものです。

水菜の選び方

葉先がピンとしてみずみずしく、葉の緑が鮮やかで茎は白くツヤがあるものを選びましょう。
水菜はハウス栽培で年間流通していますが、12月から3月にかけて旬を迎えます。
水菜の主菜地と生産量は、1位:茨城県、2位:埼玉県、3位:京都府になります。
茨城県産の水菜のシェア率は、90%以上にも及びます。

水菜の保存方法

水菜は傷みやすく日持ちしません。
そのまま冷蔵庫に入れても長持ちしないので、購入後はできるだけ早めに使い切るようにしましょう。

保存するときは、濡らしたペーパータオルで包んでからビニール袋に入れ乾燥を防ぎます。
できれば冷蔵庫の野菜室に立てて保存するのがベストです。
寝かせるとて上に伸びようと茎が曲がり、傷むのが早くなります。
立てられない場合は、5cm程度にカットして乾燥に注意して保存します。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康に役立つサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方はぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements


 

最新情報をチェックしよう!