破損した水筒・やかんなどの金属製容器に酸性の飲み物を入れる場合の注意点

これからの暑い季節を迎え、金属製の容器(水筒など)に酸性の飲み物を入れる場合の注意点を解説します。

酸性の飲み物とは
  • スポーツ飲料
  • 果汁飲料
  • 乳酸菌飲料
  • 炭酸飲料
  • ビタミンC、クエン酸などが多く含まれる飲料

酸性の飲み物による金属溶け出しの注意

注意ポイント

内側が破損した水筒や、古く劣化している水筒は注意

内側に破損やサビがある容器に、酸性の飲料を長時間入れていると、破損部分から銅が溶け出してしまい中毒を起こす可能性があります。
また、酸性の液体は金属をサビさせたり、酸の影響で金属が溶け出して飲料の品質を低下させてしまいます。

※印近年発売されている水筒は、内部にフッ素加工などのコーティングが施されている製品がほとんどですので、酸性系飲料を入れても金属が溶け出すことはありません。
また、使用後にすぐに洗うことで通常のフッ素加工製品も問題なくしようできます。

古くなったやかんも注意

アルミニウム製のやかんを長期間すると、内側に汚れが溜まってきます。
この汚れは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが固まったものです。
原因は、お湯が蒸発する際にミネラル分だけが残るからです。
この時に水道水に含まれる銅も付着します。

注意点は、そこに酸性のスポーツ飲料などを入れると、銅が溶け出すことです。
また、内側が変色し、一部が腐食しているやかんの使用も控えましょう。
腐食部分からも金属が溶け出す可能性があります。

※内側の黒ずみ汚れは、ミネラル分の汚れを放置することで黒く変色したものがほとんどであり元々は水や食材に含まれる成分のため、人体への影響を心配する必要はありません。

容器の金属成分が飲み物の中に溶け出して起こる中毒の症状例は、頭痛やめまい、吐き気などです。

スポーツ飲料を入れる容器は、気にせずに安心して使うことのできるプラスチックボトルやペットボトルが安心です。

 

ジャパンサプリメントでは、あなたの健康をサポートしてくれるサプリメントを多数紹介しています。興味をお持ちの方は、ぜひこちらのジャパンサプリメント公式商品紹介サイトをご覧ください!

All Products|Japan Supplements

 

最新情報をチェックしよう!