40代男性が摂るべきサプリメントは?気になる体の症状・悩み別に必要な栄養素を解説

仕事をバリバリこなして充実した毎日を過ごしている40代、でも日頃の不摂生が効いてきたのか、30代のころより見た目にも実感的にも体の様子が変わってきた…なんてことはありませんか?

40代は、徐々に体が老化に向かって変化し始める年代です。20代から30代には気にならなかった食生活や運動不足が体に変調を起こし始める時期であり、生活習慣や食生活をはじめとする体のケアが求められてきます。この記事では40代男性にフォーカスして、気になる体の変化や不調、改善につながる栄養素、サプリメントなどについて解説します。

40代男性に多くみられる症状・悩み

・肥満
・疲労が取れなくなってきた
・運動不足
・耳鳴り

40代男性の気になる症状・悩みをサポートしてくれるサプリメント成分

肥満

肥満は、摂取カロリーが消費カロリーを上回ると起こります。人間はじっとしているときでもカロリーを消費しています。これを基礎代謝といいます。基礎代謝とは、呼吸をしたり心臓を動かしたりという、生命維持のために使う最低限必要なカロリーです。基礎代謝の量は10代後半をピークに低下していき、40代を境にガクンと落ちていきます。運動量が変わらないのに年を取ったら太り始めた、という人が多いのはこのためです。若いころと同じような食べて飲んでの生活習慣を続けていれば、どんどん太ってしまいます。

40代以降のいわゆる「中年太り」は、見た目が老けるのはもちろんですが、健康に影響を及ぼしてしまいます。糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を起こしやすくなるので、40代以降は、意識して太らない体をつくる努力が必要です。そのためには体の中で起きる「酸化」「糖化」を抑える必要があります。

「糖化」とは、私たちの体内にあるタンパク質と、食事によって摂取した糖が結びつき、糖化したタンパク質が体内に蓄積してしまうことです。糖は体にとって大切な栄養素のひとつですが、摂りすぎると糖化作用が過剰に働いてしまい太りすぎの原因となってしまいます。糖化を抑えるためには食後の血糖値の上昇を緩やかにしてあげることが大切であり、そのためには食後1時間くらいでの無理のない有酸素運動や、糖の吸収を遅らせてくれる効果が期待できるギムネマや食物繊維を使ったサプリメントを食事と一緒に摂ることが有効だと思われます。

「酸化」とは、酸素を吸うたびに発生する「活性酸素」が体の細胞に入り込み、タンパク質、脂質が錆びることです。酸化によって細胞の働きが低下してしまいます。体の中には、活性酸素を毒性の低い物質に変えて、消去してくれる酵素がありますが、20代の頃には十分あるこの酵素が40代からは減ってきてしまいます。ですが意識的に抗酸化物質であるポリフェノールやカロテノイドを、食品やサプリメントからとることで、減少していく酵素の働きを補うことができます。

ポリフェノールの種類は、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、大豆に含まれるイソフラボンやサポニン、ゴマの成分が変化してできるセサミノール、そばに含まれるルチン、緑茶のカテキンなどがあります。カロテノイドの種類は、緑黄色野菜などに含まれるβ-カロテンやリコピン、エビやカニなどの甲殻類や、鮭などの魚類がもつアスタキサンチンなどがあります。

ギムネマを使用したサプリメントはこちら
(amazon商品ページへジャンプします)

アスタキサンチン使用したサプリメントはこちら
(amazon商品ページへジャンプします)

 

関連記事①:老化の原因「糖化」って?AGEを減らす栄養素やサプリメントが効果的な理由も

関連記事②:アスタキサンチンの効果とは?抗酸化パワーでいつまでも若々しく

 

疲労が取れなくなってきた

50代の男性が気になっている「疲労」。働き盛りの40代の方もやはり気になっているようですね。

疲労の原因の一つ目としては、疲労物質の蓄積。乳酸やアンモニアなどの疲労物質が体液を酸性に傾け、エネルギーのもととなるATP(アデノシン3リン酸)を働きにくくしてしまうことが挙げられます。二つ目の原因としては、神経系の疲労が挙げられます。神経の疲れをとるには睡眠が不可欠です。

このほか、鉄欠乏性貧血によって疲労感が生じる場合もあります。十分な休息をとっても疲れが残るようなら、このような病気が原因となっていることが十分に考えられますので病院で診察を受ける必要があります。ストレス等で疲労物質が蓄積したことによる疲労には、ビタミンB群とマグネシウムの組み合わせが効果的であり、ニンニク、高麗人参などが入ったサプリメントがおすすめです。

ニンニクエキスにはビタミンB1の効力を高め、疲労回復を促進する成分が多く含まれている。高麗ニンジンは血行促進や胃腸機能を高める。これらはストレスに対する抵抗力を高めてくれます。ストレスによって体内に増えた活性酸素には、抗酸化作用のあるアスタキサンチンが含まれたサプリメントが効果的です。

ニンニク、高麗人参を使用したサプリメントはこちら
(amazon商品ページへジャンプします)

 

関連記事:にんにくの健康効果と効能!ダイエットにも効果あり?

 

運動不足

仕事に追われ、日々運動不足を感じている年代だと思いますが、もしかしたら運動不足は忙しさだけが理由ではないのかもしれません。「人には言えないけれど、実は時々歩くと膝が痛いときあるんだよね」なんてことありませんか?

「ロコモ」という言葉をご存じですか?ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の略称で、骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常生活に障害をきたしている状態のことをいいます。進行すると要介護や寝たきりになるリスクが高くなります。

ここまでですと「まだ40代の自分には関係ないや」と思ってしまいそうですが、なんと40代の男女のうち80%はロコモ予備軍ともいわれているのです。もしかしたら日々の運動不足は「初期ロコモ」によるものかもしれません。デスクワークの多い職種の場合、40代では下半身の筋力が低下しはじめているでしょうし、また日常生活でエレベーターやエスカレーターの使用が多いことによる歩行の減少でも筋力低下スピードは早まります。

「初期ロコモ」から「ロコモ」に進行してしまわないために、筋力のためには今からでも運動習慣をつけることが大切ですね。ただ、すでにちょっと歩くとき膝がね…なんて感じてる方は、関節軟骨がすり減り始めているかもしれません。そんなときは非変性Ⅱ型コラーゲンを使ったサプリメントが手助けになるかもしれませんよ。

非変性Ⅱ型コラーゲンとは、関節軟骨を構成しているコラーゲンと同じ分子構造をもつ成分で、体内に摂り入れると分解されずに小腸まで届くことができ、体内でコラーゲンとして認識され、そのまま吸収されて体内で利用されるのです。非変性Ⅱ型コラーゲンを摂取し続けることで、関節軟骨に作用し曲げ伸ばしに効果がでる可能性があることがわかりました。多くの研究機関がその効果を報告しています。

非変性Ⅱ型コラーゲンを使ったサプリメントはこちら
(amazon商品ページへジャンプします)

 

関連記事:注目の新素材「UC-2」とは?関節軟骨のためのサプリメント「非変性Ⅱ型コラーゲン」

 

耳鳴り

40代といえば、職場では働き盛りで責任のある仕事が多く、家庭でもさまざまな問題が出てくる頃です。心と体をやすめる場所が少なく、ストレスを抱えたままで毎日を過ごしている方も多いと思います。実はそんな40代の男性に「耳鳴り」の悩みが多いのです。外から見てもわからないので周囲の理解が得ずらく、症状のひどい方ですと朝から晩まで耳鳴りに悩まされています。考えられている原因もはっきりしておらず、常に雑音が聴こえることによって、集中力の低下や不眠が起き、イライラや不安感といった精神的なストレスを感じやすくなり、日常生活に重大な支障を招いてしまいます。さらに、耳鳴りを感じている人は難聴であることも感じている方が多いのです。

耳鳴りが片方だけから聞こえる場合は、突発性難聴やメニエール病といった緊急性の高い病気も疑われますし、急に聞こえが悪くなったり、めまいがするといった他の症状も伴う場合も病気が原因となっている可能性がありますので、その際はもちろん医師の診察を受けなければなりません。

病気ではなく、加齢やストレス、生活習慣が原因となっている耳鳴りについては生活リズムの見直しと蜂の子を使ったサプリメントが改善の手助けをしてくれるかもしれません。蜂の子には体内のホルモンバランスを維持し、衰えているリンパ球の働きを促す成分が含まれており、ストレスホルモンのバランス、つまり自律神経のバランスを整えてくれるのです。体内の内臓、諸器官を調整している神経が自律神経です。自律神経はいたるところに張り巡らされており、蜂の子にはその自律神経を安定させるγ-グロブリン(免疫グロブリン)という成分が含まれています。

蜂の子を使ったサプリメントはこちら
(amazon商品ページへジャンプします)

 

関連記事:ローヤルゼリーとハチの子の効果・効能

 

最新情報をチェックしよう!